フルボ酸
技術研究所

お問い合わせ

試験報告

フルボ酸エキス※1に頭髪の過膨潤の抑制作用があることを確認しました。

【試験結果】フルボ酸による損傷毛の過膨潤抑制

フルボ酸は毛髪の損傷部位に吸着し、過剰な滲入を防止することにより、毛髪の過膨潤を抑制します。

研究体制

千葉工業大学・日本フミン化学株式会社

試験方法

頭髪をパーマ処理および脱色処理することにより、損傷毛(ポーラスヘア―)を作成しました。この損傷毛に0~200 mg/Lのフルボ酸水溶液に30分浸した後、純水で洗浄し一晩自然乾燥しました。この処理済み損傷毛を40℃の温水に30分浸し、光学顕微鏡で観察して直径を計測し、膨潤度を測定しました。

結果

損傷毛を40℃の純水に浸したところ、膨潤率は120%程度でしたが、フルボ酸を添加することにより、フルボ酸の濃度の増加に伴い、膨潤率が低下し、フルボ酸濃度が20 mg/L以上において膨潤率はほぼ一定となりました。
フムスエキスに含まれるフルボ酸には、損傷毛の膨潤を抑制しました。これは、フルボ酸が損傷毛の損傷部のタンパク質に結合して補修し、過剰の水分の滲入を防止することにより、頭髪の過剰な膨潤を抑制したものと考えられます。

※1 「フルボ酸エキス」とは「天然土壌から阿蘇の伏流水を使用して抽出した、フルボ酸を含有した液体(特許製法)」という意味です。