フルボ酸
技術研究所

お問い合わせ

研究所概要

研究所の設立目的

フルボ酸技術研究所は、フルボ酸の研究活動を活性化し、その作用を実証するために設立されました。地球環境と生命の維持に不可欠なフルボ酸は、すべての生命がもつ問題を解決に導く可能性を秘めています。産学連携による共同研究で得たその成果を証としてフルボ酸がもっと身近なものとなり、豊かな社会になることを目指します。

日本フミン科学株式会社

平成8年、海洋性完熟土より抽出する強酸性水の研究開始。
平成15年に腐植土抽出物質含有水性液FX21ドギャンナ特許取得。
【特許第3507347号】
化粧品製造販売業認可。
【許可番号:40C0X00041】
日本腐植物質学会・IHSS日本支部・日本化粧品工業連合会に加盟。

おもな共同研究機関

千葉工業大学

平成20年より共同研究開始。
FX21ドギャンナを使用した理美容処理剤特許を共同出願し特許取得。【特許第5079741号】
その他、フルボ酸エキス※1がもつ効果効能についての試験を継続して実施し、協力体制を築いている。
※写真はイメージです。

株式会社AVSS

長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 感染分子薬学研究室内HIVやインフルエンザウイルスなど生きたウイルスの研究を重ね、新薬や抗ウイルス剤を開発。
2017年にFX21ドギャンナのIFV/HSV/HIV/ZIKVに対するウイルス不活化作用評価を依頼。その後も協力体制を築く。
※写真はイメージです。

※1 「フルボ酸エキス」とは「天然土壌から阿蘇の伏流水を使用して抽出した、フルボ酸を含有した液体(特許製法)」という意味です。